必要な手順、部品、道具の調達

まずは分解をするところから

自分でiPhone修理を行うためには、分解の方法を知っておく必要があります。iPhoneというのは、星型の特殊なネジで止められており分解をするためには専用のドライバーが必要となります。星型でも合わないドライバーを使うと、ネジの頭が潰れてドライバーでも分解できない状態になってしまう可能性が出てくるので注意が必要です。そのため、ドライバーはiPhoneのモデルに合わせたものを選ぶことが大切です。星型のネジを外した後は、ケーブルやコネクタを傷つけないようにパーツを外していくことで修理が可能となります。ただ、個人でネジを外してしまうとその時点で保証の対象外となってしまいます。そのため、iPhoneの分解は残りの保証期間などを考えた上で行うことが大切です。

ドライバーやパーツの購入は

iPhone修理に必要なドライバーやパーツは、ネットを利用すれば手軽に購入可能です。この時に注意をしておきたいのが、部品の品質です。星型ドライバーの場合は、ネジを回すことができればそれで問題ありません。しかし、パネルなどのパーツに関しては品質が悪いものを選んでしまうとその後の使い心地に影響が出てしまう可能性があります。自分で修理をするメリットは、費用を安く抑えることができることです。しかし、安さにこだわるあまり粗悪なパーツを選んでしまったのでは意味がありません。交換用パーツを購入する時には、レビューなどで問題なく使うことができるかなどの情報を確認しておくことがおすすめです。問題なく使うことができる状態に戻せるかは、パーツ選びによっても変わってきます。

iphone修理を青森県内で実施している店は、約10軒です。行政が認定した登録修理業者が徐々に増加しています。安心して修理を任せられる業者を見つけやすいです。